ページを選択

小学館サライのウェブマガジンで記事を書きました!

台北市内にあの鉄観音茶の名産地があると知ってびっくり。そんな鉄観音茶を100年以上前に台湾に初めて持ってきたという張迺妙さんの奮闘ストーリーを、お孫さんご夫妻にお話を伺いました。お二人は現在、鉄観音茶の産地である木柵で張迺妙茶師記念館を運営されており、鉄観音茶はもちろん、台湾で採れる銘茶の魅力を多くの人に知ってもらいたいと頑張っています。

鉄観音茶がどうやって台湾にやってきたのか、どんな紆余曲折を経て木柵で栽培されることになり、名産地になったのか。張迺妙茶師記念館のご紹介もしています。ぜひご覧ください〜♪