ページを選択

台北から遠足。猫がいっぱいの猴硐猫村へ

台北に引っ越すと友人に言ったとき、最初の一言は「猫村に行かなきゃね🐱」でした。バンコクにも猫がたくさんいるけれど、台湾にもいるんだね♡と思ってから約半年。行ってまいりました、猴硐(ホウトン)へ。

猫カフェ「Hide & Seek Cafe」のベンベン。誰が近づこうと起きません。

台北駅から1時間の遠足旅

台北駅から鈍行電車で約1時間。15分も乗っていれば山が迫ってきます。台北は都会ですが、盆地なので周りは山に囲まれていて、ほんのすぐそばに自然を感じることができます。

新緑のグラデーションがいいねぇと思いながら電車に揺られていると、猴硐に到着。

猴硐は山間の町、いえ、村という感じです。背の高いビルは一つもありません。以前は炭鉱で栄えた町。炭鉱にいたネズミを退治するために猫がやってきたのだとか。今は炭鉱は廃坑となり、鉄柵の大きな建造物が廃墟となって残るのみ。

駅に猫がいる。

誰もいないなぁ、朝早いしなぁ。と思いながら、改札を出ると、猫がいました。待ち合いベンチにちょこっと座ってる。

おじさんも猫に出会えてうれしそう。

猫たちは毛並みもよく、健康そう。たくさんの人に慣れてるんでしょうね、人が近づいてもへっちゃらです。

とりあえず道なりに進んでみる。炭鉱とは反対側が猫村だというのでそちらの方へ。雨がしとしと降っています。

やんちゃな顔つきのヤツがいたぞ。後ろからも来たぞ。

ちょっとしたところに、ちょこんと座っています。

キミはモデルの自覚があるね。

猫は自分たちのペースで動いています。雨だったので、きっと雨宿りしていたんでしょうね。猫はあまり見かけませんでしたが、外猫は村全体で110匹いるそうです。

ニャンだ?

ダンボール好きだよね。
11時前。おばちゃんが猫缶ごはんをあげていました。

猫グッズのショップと猫カフェがたくさん。

猴硐は猫で有名だけれど、人が普通に暮らしている村。みなさんのお家に入り込まないように気をつけながら、猫目線でてくてく散策します。

雨が強くなってきたけれど、こういう風景もいいよね。

村を歩いていると、こんな懐かしいような洗面台を見つけました。

まだ開店前の猫カフェをのぞいてみると、猫たちがいました。どれが猫でどれが猫グッズかわかりますか?

猫のしっぽの動きについて学ぼう。

山の傾斜に沿って道なりに上っていくと、猫カフェが連なる一角がありました。まだお昼前で空いていないお店が多かったのですが、ある一軒を外からのぞくと店のおじさんと目が合って「オッケー!」の合図。よし、ここでお茶しよう。

のどかな猫村。ずっとのんびりしていたい。

おじさんが猫型ケーキを作ってくれて、おばさんがお茶を入れてくれました。お店は猫ものでいっぱい。お店にベンベンというオス猫とニューニューというメス猫がいました。

渡辺直美さんの本にも登場したお店です。ちなみにこの本はお店で拝見しましたが、とても楽しい♡

Hide & Seek Cafe

なんと、お店のおばさんは猫村の猫たちの顔が全部わかるそうです。村には猫の保護団体があり、毎日交代で猫たちにごはんをあげているそう。おばさんは火曜日の担当で、早朝6時半頃に村内10カ所ほどあるごはん場で猫缶ごはんをあげています。「お腹を壊している子にはごはんに薬を混ぜてあげるの」と一匹一匹の健康状態もチェック。団体に随時報告をあげているそうです。そんな細やかなサポートがあるんですね。猴硐の猫たちはしあわせだ。

猫足ってかわいい。

おばさんの熱心なお話を聞きながら、ゆるく時間が流れていきます。平日の午前中は人も少なくてのんびり。今度は晴れている日に来てみたいな。

こちらの記事もぜひお楽しみください♡

2020年夏至の金環日食を台湾・嘉義で見る

2020年夏至の金環日食を台湾・嘉義で見る

夏至の日に台湾南部の嘉義で金環日食が見える。そう聞いてからずっと楽しみにしていました。嘉義は北回帰線が通るところ。台湾では北回帰線の北は亜熱帯気候、南は熱帯気候と分かれます。曇り空で湿気の多い台北に比べて、嘉義は南国。青い空に乾燥した空気。そしてタクシーのドライバーさんたちも揃ってアロハシャツ!さて、今年の夏至の日。新幹線の嘉義駅で降りるとすごい人でした。びっくり!

暑い日に飲みたい冷んやり杏仁茶

暑い日に飲みたい冷んやり杏仁茶

旧暦の端午節も過ぎて本格夏を迎えた台湾。台北では連日35度を超える暑〜い日が続いています。そんな日に飲みたいのが「杏仁茶」。こんなおいしいドリンクあったんだ♡と最近知って感動中なんです。