ページを選択

台湾のおにぎり「飯糰(ファントゥアン)」なるものとは?

初めて食べた台湾のおにぎりはスペシャルでした! もち米、海苔なし、巨大、具だくさん。「飯糰(ファントゥアン)」と言います。

例えるなら、ワンプレートランチをギュッと圧縮したような感じ。お腹ポンポコリン。

下の写真をクリックすると、ベトナム料理レストランP4さんの記事に飛びます。ワイルドな台湾おにぎりの世界をお楽しみください。

こちらの記事もぜひお楽しみください♡

台北マメノオトvol.2発行しました〜!

台北マメノオトvol.2発行しました〜!

7月に創刊した台北マメノオトvol.1に続き、vol.2を発行しました!台北マメノオトは編集、デザイン、文、写真すべてわん吉によるソロプロジェクト。今号では、発行人わん吉の大好きな台湾のクリエイターさんたちを特集しました!ほかにもいろいろ、A5版12ページの小さな冊子の中にたっぷり盛り込んでいます。ぜひお楽しみください♡

台北で見つけたハノイの味

台北で見つけたハノイの味

以前ホーチミンで暮らしていたわん吉が台北に来て1年半。 ベトナム食堂の多い台北でゆるゆると本場の味探しをしてきましたが、今のところ一番グッと来たのは台湾人のご主人とハノイ出身の奥さんが切り盛りする小さな食堂です。 おいしいハノイ風フォーや春巻きなどをベトナムレストランP4さんのコラムでご紹介しました♡ ぜひご覧ください。

minizine「台北マメノオト」1号できました〜!

minizine「台北マメノオト」1号できました〜!

完成しました!第1号。思えば5月末にポッと心の中が灯って、家事をしながら「どんな中身にしようかなぁ」と妄想が広がり、カフェに座ったら「こんな感じで行ってみようか」とあっという間にラフができて、イラストレーターでレイアウトしているうちに、「あぁ、そうそう!この感じ。懐かしい」と手も心も弾んでいきました。冊子になった「台北マメノオト」が届いたのは7月中旬のこと。手に取ると、やっぱりかわいいなぁ。自分が作り出したものなので愛おしいです。