ページを選択

完成しました!第1号。

思えば5月末にポッと心の中が灯って、家事をしながら「どんな中身にしようかなぁ」と妄想が広がり、カフェに座ったら「こんな感じで行ってみようか」とあっという間にラフができました。

背中を押してくれた遠足仲間のぱんのすけからの最初の写真と原稿が届き、イラストレーターでレイアウトしているうちに、「あぁ、そうそう!この感じ。懐かしい」と手も心も弾んでいきました。

途中フレキシブルに内容を変えながらも、職人気質のわん吉が「これで大丈夫」と、心の中で落ち着いた最終形が「台北マメノオト1号」です。それが6月下旬のこと。

それから台湾で初めての印刷オーダーに体当たり挑戦し、あれこれ奮闘しながら、冊子になった「台北マメノオト」が届いたのは7月中旬のことでした。

手に取ると、やっぱりかわいいなぁ。自分が作り出したものなので愛おしいです。

minizine-taipeimamenote

発行部数も少ないので手渡しが基本と思っています。マメノオトを受け留めてくれる方にお届けしたい。願わくばその方がページをそっとめくる姿まで見てみたい。そんな気持ちなんです。

もしマメノオトを手にとってみたいな〜という方はこちらからご連絡ください。お待ちしております!

さてさて、ちょっとエンジンもかかってきました。次号もそろそろと手を付け始めていますので、楽しみにお待ちいただけるとうれしいなぁと思っています。