ページを選択

minizineの台北マメノオト、発行準備中!

しばらくご無沙汰してしまいました。こんにちは!わん吉です。

うれしいお知らせです!台北マメノオトの冊子に取り掛かっています。デザインも終わり、ただいま印刷屋さんで印刷待ちです。

いやぁ、ずーっと冊子を発行したいと思っていて、ようやく。ようやくです!台北暮らしも1年半を迎え、ずいぶん生活にも慣れてきて、中国語で簡単なやりとりもできるようになり、台湾のことも少しずつわかってきて、満を辞して、というタイミングかなぁとも思っています。

冊子にも「ぱんのすけ」という名前で登場しますが、わん吉がホーチミンで暮らしていた頃の友人にちょっとくすぐられた、というのがきっかけです。胸にためていた思いが、そのくすぐりでちょっと頭をもたげ、「やってみるか」と腰を持ち上げた感じです。

うーん、どんな内容にしようかなぁ。いろいろ思い巡らせながら掃除をし、洗濯をし、お皿を洗うこと数日。中国語学校に行く前のカフェでラフを書いて、「おっ!いけるぞ」。それからはあんまり止まることなくどんどん進んで、途中ちょいちょい路線を修正しながらも形になっていきました。

写真を選び、文を書き、イラストレーターでレイアウトして、という一連の流れ。しばらくぶりで懐かしかったなぁ。やっぱり印刷物っていいなぁ、と。ぱんのすけにも写真と文で参加してもらって、心のこもった小さな一冊になりました。

今、2度目の入稿をして印刷屋さんからの返事待ち。どうなるかなぁ?

印刷屋さんとの奮闘記は次の記事で!

こちらの記事もぜひお楽しみください♡

極上のアートブック。台湾の装飾タイル図鑑。

極上のアートブック。台湾の装飾タイル図鑑。

東京のベトナム料理レストラン「ピーフォー」さんのウェブサイトで連載中のコラム。わん吉のハートをわしづかみにした素敵なアートブックをご紹介します♡ 丁寧に作られた台湾の装飾タイル図鑑。作者のお二人にもお話を伺いました。

台北マメノオトvol.2発行しました〜!

台北マメノオトvol.2発行しました〜!

7月に創刊した台北マメノオトvol.1に続き、vol.2を発行しました!台北マメノオトは編集、デザイン、文、写真すべてわん吉によるソロプロジェクト。今号では、発行人わん吉の大好きな台湾のクリエイターさんたちを特集しました!ほかにもいろいろ、A5版12ページの小さな冊子の中にたっぷり盛り込んでいます。ぜひお楽しみください♡

木の温もりが心地よい台北の洋書絵本屋さん ~童里絵本洋行 Maison Temps Reves~

木の温もりが心地よい台北の洋書絵本屋さん ~童里絵本洋行 Maison Temps Reves~

MRT古亭駅からぶらぶら、潮州街を歩いていると木の感じがすてきなお店がありました。木の格子の窓から中をのぞいてみると本屋さん。入ってみると、世界中のきれいな絵本が並んでいました。ここのお店が扱う絵本はむしろアートやデザインもの、大人向けのものが多いような印象。まるでアートギャラリーにいるような気持ちになります。