ページを選択

台北からちょっと足をのばして緑を満喫する ~千鳥湖~

台北は都会だけれど、自然が近い。周りを山に囲まれた盆地だから、電車に15分も乗れば、車で20分も行けば、視界は緑になる。

現地ツアーに参加し、ちょっと足をのばして千鳥湖へ行った。ミニバンで1時間弱。緑の濃い山の合間にエメラルドグリーンの湖が見えた。青と緑の合間の色。空の青と、山の緑と、その間の千鳥湖の碧。ほぉ〜、気持ちいい。

千鳥湖を臨むベストロケーションにある阿牛小吃部という食堂へ。ここのご主人が湖の話をしてくれる。「あれが象の鼻で、あっちは仏様が寝転んでるみたいでしょ」。うーん、よーくみれば、そう見えなくもない。

ご主人いわく、「みんながSNSにアップするから、オレはちょいと有名なんだ。ハハハ!」。嬉しそうな顔がいい。

おじさんの食堂のかたわらで天日干しされていたもの。匂ってみると切り干し大根だった。お土産コーナーで販売中。

阿牛小吃部:新北市石碇區北宜路六段塗潭巷7號

湖を囲む山の斜面にはお茶畑がちらほら。このあたりは高山烏龍茶の産地だそうだ。標高1000~1300メートル、寒暖差も大きい地域で取れるお茶は甘みもあっておいしいそう♡

雨つづきだった空がすっかり青になった。山の上はとても暑かったけど、気持ちいい。どうやら夏がやってきたみたいだ。

こちらの記事もぜひお楽しみください♡

2020年夏至の金環日食を台湾・嘉義で見る

2020年夏至の金環日食を台湾・嘉義で見る

夏至の日に台湾南部の嘉義で金環日食が見える。そう聞いてからずっと楽しみにしていました。嘉義は北回帰線が通るところ。台湾では北回帰線の北は亜熱帯気候、南は熱帯気候と分かれます。曇り空で湿気の多い台北に比べて、嘉義は南国。青い空に乾燥した空気。そしてタクシーのドライバーさんたちも揃ってアロハシャツ!さて、今年の夏至の日。新幹線の嘉義駅で降りるとすごい人でした。びっくり!

暑い日に飲みたい冷んやり杏仁茶

暑い日に飲みたい冷んやり杏仁茶

旧暦の端午節も過ぎて本格夏を迎えた台湾。台北では連日35度を超える暑〜い日が続いています。そんな日に飲みたいのが「杏仁茶」。こんなおいしいドリンクあったんだ♡と最近知って感動中なんです。