ページを選択
台北から近いお茶の里・坪林へ

台北から近いお茶の里・坪林へ

台北は週末から蒸し暑い日が続いています。いやぁ、暑い。蒸し暑い。ひと働きして汗がしたたり落ちたあと、この冷たいお茶の一杯がおいしいこと。 ペットボトルにティーバッグを入れてそのまま3時間でできあがり。水出し茶は甘みも増します。簡単なのにおいしくてバンザーイ🌟 台北郊外のお茶どころ・坪林 この冷たいお茶は坪林(ピンリン)というお茶の街で買ったもの。台湾はお茶どころだと知っていたけれど、台北から30分も行けばお茶畑があるのに驚きました。 坪林は山間にあり、北勢溪という渓流沿いに街が広がっています。...
台北からちょっと足をのばして緑を満喫する ~千鳥湖~

台北からちょっと足をのばして緑を満喫する ~千鳥湖~

台北は都会だけれど、自然が近い。周りを山に囲まれた盆地だから、電車に15分も乗れば、車で20分も行けば、視界は緑になる。 現地ツアーに参加し、ちょっと足をのばして千鳥湖へ行った。ミニバンで1時間弱。緑の濃い山の合間にエメラルドグリーンの湖が見えた。青と緑の合間の色。空の青と、山の緑と、その間の千鳥湖の碧。ほぉ〜、気持ちいい。 千鳥湖を臨むベストロケーションにある阿牛小吃部という食堂へ。ここのご主人が湖の話をしてくれる。「あれが象の鼻で、あっちは仏様が寝転んでるみたいでしょ」。うーん、よーくみれば、そう見えなくもない。...
台北から遠足。猫がいっぱいの猴硐猫村へ

台北から遠足。猫がいっぱいの猴硐猫村へ

台北に引っ越すと友人に言ったとき、最初の一言は「猫村に行かなきゃね🐱」でした。バンコクにも猫がたくさんいるけれど、台湾にもいるんだね♡と思ってから約半年。行ってまいりました、猴硐(ホウトン)へ。 猫カフェ「Hide & Seek Cafe」のベンベン。誰が近づこうと起きません。 台北駅から1時間の遠足旅 台北駅から鈍行電車で約1時間。15分も乗っていれば山が迫ってきます。台北は都会ですが、盆地なので周りは山に囲まれていて、ほんのすぐそばに自然を感じることができます。...
表紙にグッときました。 ~高雄市の農業広報誌「旬味高雄」~

表紙にグッときました。 ~高雄市の農業広報誌「旬味高雄」~

国立台湾博物館のマガジンラックで見つけました。緑がきれいだと思って手に取ったB5版、開いて開いたらB3版の大きな紙になって、よく見たらへちまが2本。シンプルでありながら、すごいインパクトです。 いったいどんなデザイン冊子なのかと思いきや、高雄市政府農業局が毎月発行する農業広報誌「旬味高雄」だったのでした。今月は表紙のとおりへちま特集で、高雄市のへちま農家さんやへちま商品を作っている方たちが紹介されています。デザインを楽しみながら、地元の農産物を直球で取り上げるセンスにグッと来ます。...