ページを選択
台北マメノオトvol.2発行しました〜!

台北マメノオトvol.2発行しました〜!

7月に創刊した台北マメノオトvol.1に続き、vol.2ができあがりました〜! 台北マメノオトは小さなzine。編集、デザイン、文、写真すべてわん吉によるソロプロジェクトです。旅が好きなぱんのすけにも写真と文を寄稿してもらっています。 今号では、発行人わん吉の大好きな台湾のクリエイターさんたちを特集しました!ほかにもいろいろ、A5版12ページの小さな冊子の中にたっぷり盛り込んでいます。ぜひちょっとご覧ください♡ 〜〜〜編集後記より〜〜〜...
木の温もりが心地よい台北の洋書絵本屋さん ~童里絵本洋行 Maison Temps Reves~

木の温もりが心地よい台北の洋書絵本屋さん ~童里絵本洋行 Maison Temps Reves~

MRT古亭駅からぶらぶら、潮州街を歩いていると木の感じがすてきなお店がありました。木枠の格子の窓から中をのぞいてみると本屋さん。入ってみると、世界中のきれいな絵本が並んでいました。 絵本というと子ども向けというイメージがありますが、ここのお店が扱う絵本はむしろアートやデザインもの、大人向けのものが多い印象です。...
minizine「台北マメノオト」1号できました〜!

minizine「台北マメノオト」1号できました〜!

完成しました!第1号。 思えば5月末にポッと心の中が灯って、家事をしながら「どんな中身にしようかなぁ」と妄想が広がり、カフェに座ったら「こんな感じで行ってみようか」とあっという間にラフができました。 背中を押してくれた遠足仲間のぱんのすけからの最初の写真と原稿が届き、イラストレーターでレイアウトしているうちに、「あぁ、そうそう!この感じ。懐かしい」と手も心も弾んでいきました。 途中フレキシブルに内容を変えながらも、職人気質のわん吉が「これで大丈夫」と、心の中で落ち着いた最終形が「台北マメノオト1号」です。それが6月下旬のこと。...
minizineの台北マメノオト、発行準備中!

minizineの台北マメノオト、発行準備中!

しばらくご無沙汰してしまいました。こんにちは!わん吉です。 うれしいお知らせです!台北マメノオトの冊子に取り掛かっています。デザインも終わり、ただいま印刷屋さんで印刷待ちです。 いやぁ、ずーっと冊子を発行したいと思っていて、ようやく。ようやくです!台北暮らしも1年半を迎え、ずいぶん生活にも慣れてきて、中国語で簡単なやりとりもできるようになり、台湾のことも少しずつわかってきて、満を辞して、というタイミングかなぁとも思っています。...
レトロな赤煉瓦が続く迪化街。ギャラリーとカフェをはしごするアートな街散策へ

レトロな赤煉瓦が続く迪化街。ギャラリーとカフェをはしごするアートな街散策へ

100年以上前の赤レンガ建築を再現したレトロなアーケードを歩きながら、ギャラリーで台湾作家の一点物を見つけたり、赤レンガの建物に入ってみたり、小さなカフェでひと休みしたり、インスタ映えスポットを見つけてみたり。 五感を刺激するちょっとセンスアップの街歩き、楽しんでみませんか? 迪化街を2ブロック歩きながら出会った素敵なお店たちを、ピーチアヴィエーションの旅サイト「tabinoco」でご紹介しました。最寄り駅・MRT大橋頭駅からのシンプルな行き方もご案内。旅人気分で気軽にお楽しみください♪...
手芸好きにはたまらない台北の手芸市場=永楽市場。旅情報サイトのtabinocoでご紹介しました

手芸好きにはたまらない台北の手芸市場=永楽市場。旅情報サイトのtabinocoでご紹介しました

旅情報サイトのtabinocoで初めてご紹介したのは、迪化街にある永楽市場です。ここは通常の市場なのですが、2階と3階は布市場になっています。それはもう上から下まであふれんばかりの布、布、布。布だけでなく、リボン、ボタン、レースなどなど、あらゆる手芸グッズも揃っています。 永楽市場のある一帯は昔から布問屋が集まっていた場所。路上には端切れ布や手芸雑貨もあふれていて、キョロキョロしているだけで楽しいですし、手芸好きにはもうたまらないエリアでしょう。...