ページを選択
手芸好きにはたまらない台北の手芸市場=永楽市場。旅情報サイトのtabinocoでご紹介しました

手芸好きにはたまらない台北の手芸市場=永楽市場。旅情報サイトのtabinocoでご紹介しました

旅情報サイトのtabinocoで初めてご紹介したのは、迪化街にある永楽市場です。ここは通常の市場なのですが、2階と3階は布市場になっています。それはもう上から下まであふれんばかりの布、布、布。布だけでなく、リボン、ボタン、レースなどなど、あらゆる手芸グッズも揃っています。 永楽市場のある一帯は昔から布問屋が集まっていた場所。路上には端切れ布や手芸雑貨もあふれていて、キョロキョロしているだけで楽しいですし、手芸好きにはもうたまらないエリアでしょう。...
ピーチアヴィエーションの旅情報サイト「tabinoco」にわん吉ページが登場しました

ピーチアヴィエーションの旅情報サイト「tabinoco」にわん吉ページが登場しました

日本とアジア各地を結ぶピーチアヴィエーションの旅情報サイト「tabinoco」に「わん吉ページ」が誕生しました。台北発の楽しくてかわいくておいしい情報を写真たっぷりでお伝えするコラムです。 こちらのわん吉アイコンが目印! わん吉ページはこちらです。https://tabinoco.flypeach.com/profile/wankichi...
龍山寺のそばで赤レンガの街並みを楽しむ ~剝皮寮歴史街区~

龍山寺のそばで赤レンガの街並みを楽しむ ~剝皮寮歴史街区~

台北の観光スポットである龍山寺を目指して歩いていたら、赤レンガの一角が現れました。この辺りは下町風情なのに、映画のワンシーンのような雰囲気。じつはこの場所、100年以上前の街並みを再現した「剝皮寮(ブォピーリャオ)」という歴史地区なのだそうです。 この辺りは台北の中でも古くから栄えていた萬華区で、当時は川から運んだ木材を切ったり削ったりの加工を施し、それを販売する店が並んでいたようです。そんな由来から「剝皮寮」という、ちょっと恐ろしいような名前がつけられたのだとか。...
台北から近いお茶の里・坪林へ

台北から近いお茶の里・坪林へ

台北は週末から蒸し暑い日が続いています。いやぁ、暑い。蒸し暑い。ひと働きして汗がしたたり落ちたあと、この冷たいお茶の一杯がおいしいこと。 ペットボトルにティーバッグを入れてそのまま3時間でできあがり。水出し茶は甘みも増します。簡単なのにおいしくてバンザーイ🌟 台北郊外のお茶どころ・坪林 この冷たいお茶は坪林(ピンリン)というお茶の街で買ったもの。台湾はお茶どころだと知っていたけれど、台北から30分も行けばお茶畑があるのに驚きました。 坪林は山間にあり、北勢溪という渓流沿いに街が広がっています。...
台北からちょっと足をのばして緑を満喫する ~千鳥湖~

台北からちょっと足をのばして緑を満喫する ~千鳥湖~

台北は都会だけれど、自然が近い。周りを山に囲まれた盆地だから、電車に15分も乗れば、車で20分も行けば、視界は緑になる。 現地ツアーに参加し、ちょっと足をのばして千鳥湖へ行った。ミニバンで1時間弱。緑の濃い山の合間にエメラルドグリーンの湖が見えた。青と緑の合間の色。空の青と、山の緑と、その間の千鳥湖の碧。ほぉ〜、気持ちいい。 千鳥湖を臨むベストロケーションにある阿牛小吃部という食堂へ。ここのご主人が湖の話をしてくれる。「あれが象の鼻で、あっちは仏様が寝転んでるみたいでしょ」。うーん、よーくみれば、そう見えなくもない。...