ページを選択
迪化街にある陶磁茶器屋さんのティーハウスでゆったり過ごす ~半日茶屋~

迪化街にある陶磁茶器屋さんのティーハウスでゆったり過ごす ~半日茶屋~

迪化街でまたひとつ素敵な場所を見つけました。赤レンガにバロック様式の彫刻が施されたかっこいい洋館の1階。センスのいい陶器のお店があるなぁと入ってみると、ここは台北郊外の鶯歌(イングー)という陶磁器の街に本拠地があるLOHASという老舗陶磁器メーカーのセレクトショップでした。 迪化街にはLOHASの旗艦店があるのですが、ここはまた別の店で若手作家の作品も紹介するセレクトショップ。歴史ある洋館全体を利用して、ショップの上のフロアには陶器作りの体験スペースやギャラリー、そして奥にはティーハウスとお庭もあるというのです。...
ゆるい音楽が流れる居心地のいい台北のブランチカフェ ~nom nom~

ゆるい音楽が流れる居心地のいい台北のブランチカフェ ~nom nom~

最近よくぶらぶら歩きをする潮州街。住宅街の車道沿いに食堂や古いお店が並んでいますが、その合間に掘り出し物のような個性的なショップやカフェがあり、のぞいてみるのが楽しみなのです。 今回は古いアパートの1階にひそやかにオープンしていたカフェ「nom nom」に入ってみました。 エントランスで迎えてくれたのはキュートな陶器たち。カフェの一角がギャラリーになっています。台湾の作家ものもまた、独自の世界があっておもしろいなぁ。 カフェスペースを見てみれば、壁にインパクトのある顔が3枚掛かっています。ピンクの人が好き♡ この絵もいいね。...
台北から遠足。猫がいっぱいの猴硐猫村へ

台北から遠足。猫がいっぱいの猴硐猫村へ

台北に引っ越すと友人に言ったとき、最初の一言は「猫村に行かなきゃね🐱」でした。バンコクにも猫がたくさんいるけれど、台湾にもいるんだね♡と思ってから約半年。行ってまいりました、猴硐(ホウトン)へ。 猫カフェ「Hide & Seek Cafe」のベンベン。誰が近づこうと起きません。 台北駅から1時間の遠足旅 台北駅から鈍行電車で約1時間。15分も乗っていれば山が迫ってきます。台北は都会ですが、盆地なので周りは山に囲まれていて、ほんのすぐそばに自然を感じることができます。...
庭園を眺めながら静かなひとときを。日本家屋のブックカフェ ~雅鴿書苑~

庭園を眺めながら静かなひとときを。日本家屋のブックカフェ ~雅鴿書苑~

MRT古亭駅からてくてく歩いて5分ほど。福州街の商店街を抜けたところに白い洋館があります。「孫立人將軍官邸」という名前のとおり、将軍官邸として使われていた建物だそうです。 その落ち着いた雰囲気の洋館の裏に、しっとりと日本家屋がたたずんでいます。ここが「雅鴿書苑」、およそ90年前に建てられた木造が修復されて、今は本屋も兼ねたカフェになっています。 ゆったりした造りの日本家屋。ところどころで本が展示されています。 靴こそ脱がないものの、窓際のテーブルに座って日本庭園を眺めていると、記憶の奥からよみがえってくるような懐かしさを感じます。...
香りに驚いた黒糖ラテ~欒樹下書房~

香りに驚いた黒糖ラテ~欒樹下書房~

黒糖ラテを初めて飲みました。ミルクの泡の表面にちょっと炙った黒糖の膜。軽くパリパリと唇にくっつきます。そのままラテをいただくと、口の中で黒糖の香りがほわっと広がってびっくり。なんておいしいんだ! このカフェは台北の昭和町という古い住宅街にありました。その名の通り、昭和的な懐かしいような情緒漂うエリア。書店でもあるカフェでは、食べ物や飲み物をいただきながら、店頭に並んだ本や雑誌を読んでいいそうです。 本好きな人たちが集う、ゆったりとした時間の流れる空間。わん吉のお気に入りがひとつ増えました。...