ページを選択
小学館サライのウェブマガジンで記事を書きました

小学館サライのウェブマガジンで記事を書きました

小学館サライのウェブマガジンで記事を書きました!台北の観光名所であり、江戸でいうなら人形町ともいいたい「迪化街(ディーホアジェ)」でちらちら目にするユニークなキャラクター「赤毛族」って何でしょう?という内容です。赤毛族は見れば見るほどキュートで、知れば知るほど味があります。赤毛族生みの親である台湾の若手クリエーターのことも紹介しています。ぜひご覧ください〜♪...
台湾マジョリカタイルの小さなショップ@西門紅樓

台湾マジョリカタイルの小さなショップ@西門紅樓

タイルには目がないわん吉。赤レンガレトロ建築の西門紅樓にマジョリカタイルのお店に行ってまいりました。 八角形と十字形がくっついた100年以上前の赤レンガ建築。 「西門紅樓」は台湾の今を伝えるカルチャー発信地 MRT西門駅を出てすぐの西門紅樓は1908年に建てられた赤レンガの建物。台湾で初めて政府がつくった公営市場だったそうです。2007年に台北市が改築して今の姿に。現在はメイドイン台湾の雑貨ショップや台湾茶カフェ、ワークショップスペースや劇場も備え、台湾の今のカルチャーを伝える文化発信基地でもあります。...
龍山寺のそばで赤レンガの街並みを楽しむ ~剝皮寮歴史街区~

龍山寺のそばで赤レンガの街並みを楽しむ ~剝皮寮歴史街区~

台北の観光スポットである龍山寺を目指して歩いていたら、赤レンガの一角が現れました。この辺りは下町風情なのに、映画のワンシーンのような雰囲気。じつはこの場所、100年以上前の街並みを再現した「剝皮寮(ブォピーリャオ)」という歴史地区なのだそうです。 この辺りは台北の中でも古くから栄えていた萬華区で、当時は川から運んだ木材を切ったり削ったりの加工を施し、それを販売する店が並んでいたようです。そんな由来から「剝皮寮」という、ちょっと恐ろしいような名前がつけられたのだとか。...
「好世界 ~Wonderland~」でチモが伝えたいこと

「好世界 ~Wonderland~」でチモが伝えたいこと

昔ながらの問屋街に、若手クリエイターたちが集まり始め、流行発信地として新たに注目を集めている迪化街。その一角にあるコミュニティーギャラリーURS27Wでグループ展「好世界 ~Wonderland~」が始まりました。 迪化街のイメージキャラになりつつある「チモ」 発起人は U&S Studio の温國欣さんと陳美君さん。彼らが創り出した「チモ」というキャラクターは、日々を楽しく思い思いに過ごし、ユニークな姿をした7人組の精霊たちです。...
トヨエツと妻夫木が主演、台湾が舞台の映画 「パラダイス・ネクスト」

トヨエツと妻夫木が主演、台湾が舞台の映画 「パラダイス・ネクスト」

雨の日には映画だ。トヨエツと妻夫木がダブル主演したオール台湾ロケの映画があると知り、観に行った。「パラダイス・ネクスト」。テーマ音楽は坂本龍一という贅沢な一本だ。 流れ者の二人が台湾で逃避行を続けるストーリー。印象に残ったのは、映像と音楽。色と音がなまなましく、じわじわと心に響いてくる。台湾人俳優のマイケル・ホアン(黄仲崑)もかっこいい。。 半野喜弘監督は東京とパリを拠点に活躍する音楽家でありアーティスト。アジアを代表する監督たちの映画音楽を手がけ、評価を積み上げてきたそうだ。映画の余韻が、フランス映画を観た後に似ている。...